文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

【簡単】体の奥からデトックス!我が家の野菜スープレシピ【健康】

お手軽!簡単!でたくさんの食材が取れるスープ

 

皆さんこんにちは。

文月(@fumiduki100)です。

 

皆さんスープは好きでしょうか?

味噌汁からポタージュまで我が家では様々なスープがほぼ毎日食卓に上ります。

スープのいいところは、ベースさえ整っていれば基本的に何を入れても美味しい。

 

うちのスープは常に具沢山です。

 

そんな我が家が出会ったのがこちらの書籍です。

 

こちらの書籍は、抗がん剤研究の権威の先生が書いたものです。

ざっくりと(乱暴に)言えば、野菜スープで健康になるというもの。

 

この本で推されているのは、野菜を加熱してスープにすることで野菜の有効成分(ファイトケミカル)を無駄なく摂取して、がんやその他の体の不調を遠ざけるというもの。

 

スープ好きの我が家はさっそくこの本の野菜スープを食卓に取り入れました。

 

 

妻の蕁麻疹が消えた!? 野菜スープレシピ

 

この本の野菜スープレシピは、次のようなものです。

 

・ 季節の野菜を4~6種準備します。基本一個ずつ使います。今時期ですと、トマトとかカボチャとかが定番でしょうか。そのほかはキャベツなり玉ねぎなりジャガイモなりニンジンなり、なんでもオッケーです。

キャベツとかの大きいものは半分なりに調整してください。

それらをすべて1cm角に切ります。

 

・ 切った野菜と水を鍋に入れて火にかけます。野菜と水の比率は1:3となっていますが、適当でいいと思います。うちは適当です。

 

・ 中火にかけて、沸騰直前に弱火にし、後は蓋をして30分ほどコトコト煮ます。

 

以上で完成です。簡単ですね(^^♪

 

本では味付けはありません。

 

とはいえ、味付けがまったくないと飲みづらいので、うちでは塩、しょうゆ等で軽く味付けします。

 

この野菜スープを飲むようになってから、妻に出ていたじんましんが徐々になりをひそめてきて、今では半年以上じんましんが出ていません

「これが野菜スープの力か!」と感動しました(^▽^)

(しかしながら、お医者さんの臨床検査を受けたわけではないので、野菜スープ=じんましんが消えるとは断言できません(-_-;))

 

アレンジ自由自在

 

上記でも申した通り、この野菜スープの基本レシピは味がありません。

野菜の旨みを味わうのが本来の姿ですが、多分それができるのは結構上級者なのかな…と思います(;^ω^)

 

うちでは味付けが基本です!

しかも出汁をとる!このほうが美味しい!

 

いくら健康に良くても続かなければ意味がありません。なので、うちでは野菜スープは作るたびに違う味付けにします。

 

・ 味付け

塩、しょうゆ、みそ、コンソメとなんでも使います。ただ、作り方がシンプルな分、シンプルな味付けが一番合うと思います。

 

・ 具

野菜のみならず、キノコ、肉、ソーセージ、ハム、魚介とこちらもなんでも入れます。その日の気分と冷蔵庫に入っているもの次第です。

お肉を入れるなら、ジャガイモと一緒にしてポトフ風が美味しい!

 

・ 出汁

そのまま作っても美味しい野菜スープの実力を底上げする出汁!

出汁もなんでも合います。

昆布、かつお節、煮干し、ブイヨン、エビの頭等々。

うちでは、野菜くずを取っておいて作ったベジブロスで野菜スープを作ることが多く、野菜×野菜の恩恵を受けています。

www.www100-project.com

 

個人的に、私が思う一番野菜スープに合う出汁は昆布+かつおです!


終わりに


いかがでしたでしょうか。
この野菜スープ、シンプルで簡単、アレンジ自在と応用範囲も広く、健康にも良いということで、我が家の定番です。
大量に作って、ブレンダーでポタージュ状にして冷凍も可能です。
日々の食事に野菜が不足していると感じるなら、この野菜スープはうってつけ。ぜひお試しください。


今日も御覧いただきありがとうございました。