文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

【CBRN基礎】化学剤とはなにか【chemical】


f:id:fumiduki100:20191024203512j:image

皆さん、CBRNについてご存知ですか?

 

CBRNとは、「chemical(化学)」「biological(生物)」「radiological(放射線)」「nuclear(核)」の頭文字を組み合わせたもので、いわゆる「人間に害を及ぼすこれらの物質、兵器」のことを差します。

また、これらを使用したテロを「CBRNテロ」、これらによる災害を「CBRN災害」といいます。

 

近年の国際情勢においては、イスラム過激派による一般人を狙ったテロが各地で発生しています。

 

日本は、現在ラグビーワールドカップを行っていて、来年は東京オリンピックも控えていますが、こういった国際イベントは世界中の注目となり、テロリストの政治的・宗教的アピールの場としては絶好の機会です。

過去にオリンピックを狙ったテロがいくつも発生していることを考えると、日本においてもテロは他人事ではありません。

 

こうした中、世界各国ではCBRN事態に対する体制を強化しており、CBRN対策が世界的に進んでいます。

 

本日はその「CBRN」の中からもっとも発生の可能性が高い「C」、化学剤の基礎的な事項についてみていきます。

 

以前のエントリーはこちら。

www.www100-project.com

 

目次

 

 

化学剤の概要

 

化学剤とは、いわゆる毒ガスや毒性を有して人体に被害を及ぼす化学物質のことです。

 

化学剤は以下のように大別できます。

  • 神経剤
  • びらん剤
  • 血液剤(シアン化物)
  • 窒息剤

 

特に毒性が高いのが神経剤と血液剤で、曝露(剤を吸入したり触れたり)すれば一時間程度で死に至るおそれがあります。

有名なサリンやVXなどは神経剤に分類されます。

血液剤で一番有名なのは青酸カリですね。

 

びらん剤に曝露すると、曝露箇所にびらん、水ぶくれやただれが発生します。

有名なのはマスタードイペリット)。マスタードが皮膚につけば皮膚に水ぶくれができますが、ガスを吸い込んだら肺がただれてしまいます。

 

窒息剤は塩素に近い化学剤です。

ガス状で使用され、大量に吸い込むと肺水腫を引き起こします。

第一次世界大戦で大量に使用されました。

 

上記のような性質上の分類の他、どれだけ効果が残留するかの「持久性」による分類もあります。

(持久性と一時性)

 

持久性(24時間以上残留)の化学剤の代表的なものはマスタードやVXです。

特にVXはほとんど揮発しないので、条件によっては何週間もその場に残ります。

 

一時性の化学剤の代表的なものはサリンです。

サリンはだいたい普通の水と同じくらいの揮発性を持ちます。

 

化学剤は、一般的な化学工業の技術を持つ国であればどこでも作れます。

 

しかも、十分な設備のなかったオウム真理教サリンの製造に成功(ただし精製度合いは低い)していることを考えると、どこにその驚異があるかわかりません。

 

化学兵器の歴史

 

化学剤の生産・使用は、産業革命による化学工業の発展と結びつけられます。

 

第一次世界大戦ヨーロッパ大陸で戦線がこう着して塹壕戦に移行すると、相手側塹壕の突破手段として有毒な化学物質が使われるように。

 

最初はドイツがフランス軍陣地に対して塩素ガス使用。

ドイツと敵対していたイギリスも塩素ガスを使うようになります。

 

塩素ガスを吸引した兵士は、高濃度であれば塩素により全身の細胞を破壊されて死亡し、低濃度であっても、呼吸器系に障害が残り、長い間苦しむことになりました。

 

ドイツはさらに毒性の強い窒息剤のホスゲンやびらん剤のマスタードを開発・使用し、アメリカ、イギリス、フランスも対抗。

 

第一次世界大戦においては、化学兵器により約130万人が死傷し、そのうち9万人が死亡したとされています。

 

第二次世界大戦においては、ドイツは強力な「神経剤」を開発したものの使用はされませんでした。

 

しかしながら、第二次世界大戦後もイラン・イラク戦争イラクマスタードを使用したり、日本でも地下鉄サリン事件が起きたりしています。

 

最近でも、シリア内戦においてシリア政府軍が反政府軍に対して塩素ガスを使用した疑惑もあったり、金正男暗殺にVXが使われたりもしており、その脅威は未だ我々の周りに存在しています。

 

 

化学テロに遭遇したら!?

 

もし地下鉄サリン事件のような化学テロに遭遇したらどうしたらいいのか。

 

まず大前提として、怪しい液体の入った容器などには絶対に近づかない!

速やかに最寄りの交番や公共交通機関であれば職員に通報しましょう。

 

化学剤は基本的にニオイがします。

異様な臭気を感じた時は速やかにその場を離れて通報を!

 

化学テロに遭遇して一番大切なのはパニックにならない事です。

パニックにならず、すぐさまその場から離れます。

 

地下鉄サリン事件で使用されたサリンは純度がかなり低かったにもかかわらずあれほどの被害が出ました。

 

純度が高い化学剤だと即死の可能性もあります。

テロ発生後は、レスキューや警察などの指示に従って行動しましょう。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

化学剤は使用の歴史も古く、化学技術に裏打ちされた殺傷力を持ちます。

 

世界には化学兵器禁止条約はありますが、この条約は批准していない国には拘束力がなく、もちろんテロリストには意味がありません。

 

化学兵器は効果がある程度予測できることから、テロリストが使うには効果的で、CBRNの中では比較的使用の蓋然性が、高い部類に入ります。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。