文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

【読書】世界全史⑧-1 ~経済転換~


f:id:fumiduki100:20191027174853j:image

皆さんこんにちは。文月です。

 

本日も引き続き「世界全史」について見ていきたいと思います。

 

この一連のエントリーは、私の読書備忘録を兼ねています。

 

一つ前のエントリーはこちら。

www.www100-project.com

本日からは第8章「イギリスがリードした「ヨーロッパの世紀」」に移ります。

 

目次

 

ヨーロッパ繁栄の19世紀史 消費社会・植民地・グローバリゼーション /筑摩書房/玉木俊明
by カエレバ

圧倒的な経済力によりイギリスが金本位制を主導

 

イギリスは、自由貿易を掲げて資本主義の地球化を主導します。

イギリスは自国に有利になるように、ブラジル、カルフォルニア、アラスカ、オーストラリアなどで立て続けに起こったゴールドラッシュを背景として金本位制を確立、金と交換できる兌換(だかん)紙幣を発行。

イギリスに続きドイツ、アメリカ、日本なども含む世界の主要国が金本位制を採用したことにより、世界の新たな経済的枠組みができあがります。

 

この時期、世界各地でゴールドラッシュが起こり、イギリスの経済的覇権確立の後押しをしました。

イギリスは、南アフリカボーア人の国、トランスヴァールで金の大鉱脈が発見されたことにおよび、金欲しさになりふり構わない「ボーア戦争」を起こしてボーア人を力でねじ伏せます。

それだけ金が欲しかったのです。

 

 

イギリス資本輸出と帝国経済 金本位制下の世界システム /ミネルヴァ書房/尾上修悟
by カエレバ

蒸気船により小さくなる「海」

 

また、この時期にはヨーロッパで帆船から蒸気船への転換が進みました。

 

船は自然の力を頼りにする帆船から蒸気船に移行し、蒸気船も外輪式からスクリュー式に進化していきます。

海上輸送技術も向上し、輸送費用も半減します。

 

こうした海上輸送の発達により、移民船や客船での世界各地への移民が加速。

 

アメリカをはじめアルゼンチン、ニュージーランド、オーストラリア他アジアやアフリカへの移民も進みました。

世界最大の民族移動が19世紀に行われたのです。

 

蒸気船により大西洋の一体化が進み、イギリス、アメリカを二極とするヨーロッパの強大化が起きました。

 

 

図説船の歴史 /河出書房新社/庄司邦昭
by カエレバ

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

イギリスの世界経済覇権や蒸気船の登場によって、ヨーロッパによる世界支配は加速していきます。

 

次回は、オスマン・トルコやムガル帝国などのユーラシア帝国の解体についてみていきます。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

関連するエントリーはこちらから。

www.www100-project.com

 

世界全史 「35の鍵」で身につく一生モノの歴史力 /日本実業出版社/宮崎正勝
by カエレバ