文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

インフルエンザの予防と対処、どうしたらいい?


f:id:fumiduki100:20191028204151j:image

皆さんこんにちは。文月です。

先々週から我が家では、私以外の妻と息子が立て続けにインフルエンザにかかり、家の中は大惨事でした。

 

幸いなことに私はインフルエンザ感染を免れ、土日と即位礼正殿の儀の休日も重なって、妻と息子の看病をなんとかこなすことができました。

 

同じ空間で暮らしているにも関わらず、なぜ私はインフルエンザにかからなかったのか。

 

今日は、これからのインフルエンザの季節に備えて、今回私が実施したインフルエンザ予防と、インフルエンザに感染した家族への対処について、皆さんの役にたてばいいなということで書いていきます。

 

目次

 

 

 

そもそもインフルエンザとは?

 

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症のことを指します。

 

風邪のように熱、咳、頭痛のような症状を呈しますが、風邪よりも症状が重くなる傾向にあり、関節痛や筋肉痛も起こります。

 

風邪は比較的ゆっくりと症状が出るのに対し、インフルエンザでは急速に症状が出てきます。

 

インフルエンザは乳幼児やご年配の方がかかると、重症化するおそれもあるので注意が必要です。

 

 

インフルエンザ予防

 

インフルエンザの予防には何が必要でしょうか?

 

やはり、基本的にはよく寝て栄養バランスよく食べる事が一番みたいです。

私は今回、家族がインフルエンザにかかったのがわかってから、かなり栄養に気をつけて食事をとっていました。

特に野菜と果物。

みかんなどのビタミンCは粘膜を保護し、病気にかかりにくくする効果があります。

 

睡眠も、夜更かしを抑えていつもより一時間ほど早く寝るよう心がけました。

 

また、インフルエンザは高温多湿を嫌い、湿度50パーセント以上で空気中での感染力が弱まります。

ですので、加湿器や濡れタオルなどを使って家の中の湿度を60パーセント程度に保つようにしました。

 

クレベリンも家に置きました。

 

後はやはりうがい、手洗い、マスクといった伝統的な手法に頼るくらいですね。特にうがい、手洗いは頻発にやってました。

 

 

インフルエンザの家族へはどう接したか?

 

家族がインフルエンザだと看病などもしないといけませんし、生活動線は同じですから自分もインフルエンザにかかる可能性が高くなります。

 

私は、家族が求めない限りはなるべく家族と別の部屋に待機するようにして(家族は隔離できないので自分が自ら隔離)、移動する際は除菌ウェットティッシュを持ち歩いてドアノブなど拭きながら。

タオルも家族用と自分用を分けて使ってました。

 

妻と息子がインフルエンザで身動きできないところで自分までインフルエンザにかかってしまったらそれこそ惨事なので、かなり気を使ってましたね。

 

家族には少し寂しい思いをさせたかもしれないけど…

 

クレベリン 置き型(150g)
by カエレバ

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

福岡では例年より早くインフルエンザが流行し始めており、今年は予防接種する前に家族がかかってしまいました。

 

今回は何とか乗り切れたので、すぐに予防接種に行きたいと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

超快適マスク ふつうサイズ(50枚)
by カエレバ