文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信&全世界株式(オールカントリー)の月報が出ました! その2

 

皆さんこんにちは。文月です。

 

本日は昨日に引き続き、三菱UFJ国際投信さんの注目ETF、MAXIS全世界株式(オールカントリー)の月報についてみていきます。

 

米国株式(S&P500)についてはこちら。

www.www100-project.com

 

ではいってみましょう。

 

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)の基礎データ

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)は日本を含む世界の先進国・新興国の株式市場のパフォーマンスを表す「MSCI All Country World Index」に連動する投資成果を目指すETFです。

 

組み入れ上位銘柄はAppleAmazonと、同じシリーズのMAXIS米国株式(S&P500)とあまり変わりませんが、10位にアリババが入っているのが面白い。

 

もちろんマーケットメイクあり。

 

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)の成果(令和2年1月)


f:id:fumiduki100:20200209130122j:image

 

純資産総額は約4.4億円。

緩やかですが順調に伸びていっています。

 

基準価格は設定後急上昇した後、ガクっと落ちて若干低迷。

やはりコロナの影響でしょうねぇ。

現在の価格は10,310円。

 

 

乖離率は1月末時点で1%を超えていましたが、2月7日には0.48%。

 

今後も乖離を小さくするようマーケットメイカーさんに期待です。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)は同じシリーズの米国株式(S&P500)に比べると伸びは今ひとつです。

 

しかしながら、運用開始されてからまだひと月なので、焦らずみていくのみ。

 

米国株式(S&P500)は米国がこけたら終わりですが、全世界株式(オールカントリー)は世界分散できているので影響を局限できます。

 

現下においては米国が好調ですので、世界分散の効果を実感しづらい面もありますが、いざという時を乗り越えるためにも分散は必要です。

 

また来月もMAXIS米国株式(S&P500)、全世界株式(オールカントリー)をチェックしていきます。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

私のインデックス投資の教科書。オススメです。

お金は寝かせて増やしなさい /フォレスト出版/水瀬ケンイチ
by カエレバ
世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました /ぱる出版/NightWalker
by カエレバ