文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

【読書】正しいニーズの理解とちょうどいい解決策!「実践スタンフォード式デザイン思考」


f:id:fumiduki100:20200302185909j:image

皆さんこんにちは。

文月です。

 

最近よく耳にする「デザイン思考」。

日本でデザインというと、「図柄」や「絵柄」、「配置」に「配色」など、まさに「ポスター」のようなものを思い浮かべてしまいます。

 

そのデザインという言葉に思考がくっついて、私的にはさっぱりイメージできませんでした。

 

そこでデザイン思考を知るために手に取ったのが本日紹介する「実践スタンフォード式デザイン思考」。

 

この本自体は「実践」とタイトルにある通りデザイン思考の実践まで学べますが、おかげでデザイン思考というものがクリアに理解できました。

実践スタンフォード式デザイン思考 世界一クリエイティブな問題解決 /インプレス/ジャスパー・ウ
by カエレバ

 

目次

 

 

「実践スタンフォード式デザイン思考」の概要

 

「実践スタンフォード式デザイン思考」の目次は次の通り。

  1. なぜデザイン思考が必要なのか?
  2. デザイン思考をやってみよう
  3. ツールキットを使ってみよう
  4. チームを活性化させるファシリテーション
  5. デザイン思考の今と未来

 

第1章でデザイン思考の基礎的な事項について知識を学び、第2章と第3章ではデザイン思考を実践してデザイン思考とはどういうものかを学びます。

 

第4章はデザイン思考を行う上での上手なチームの運営のコツを、第5章でデザイン思考を総括します。

 

どちらかというと「デザイン思考とは何か?」という問いに教科書的に答えを与えるものではなく、自ら手と頭を動かしてデザイン思考の概念を身につける本です。

 

本書の作りは著者の経歴(台湾からアメリカに渡り、ひたすらトライ&エラー)も関係していると思いますが、実際にデザイン思考をやってみることにより、よりデザイン思考を理解しやすくなるので良いアプローチではないでしょうか。

 

デザイン思考とは、「ニーズに基づく"ちょうどいい"解決策」の提示

 

著者は、デザイン思考について、「人々の問題を共感を持って理解し、その問題を解決する方法を設計するもの」としています。

 

そのため、ある問題に対し、徹底的にインタビューを行い、ありふれた意見から一見して極端な意見まで吸い上げて問題解決のアプローチを決めます。

 

問題解決は「自分のこと」として共感を持って取り組まなければなりません。

 

デザイン思考は、人間を中心に考えて、人々の問題を解決します。

 

その目的は、「正しいニーズの理解に基づく、"ちょうどいい"解決策の提示」ではないでしょうか。

 

「大きすぎる問題は手に負えないし、小さすぎても変化を起こせない」。

つまり、ちょうどいい問題をちょうどよく解決する。

 

その解決策は、人に対する共感から生まれた。人に寄り添ったものになるはずです。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

デザイン思考、難しく思ってましたが、デザインを「体験」と言い換えるとなんとなく言わんとしていることが伝わります。

 

この思考法を使えるようになるにはまだまだ難しそうですが、「極端なユーザー」や会議の進め方など示唆に富む所が多く勉強になりました。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

実践スタンフォード式デザイン思考 世界一クリエイティブな問題解決 /インプレス/ジャスパー・ウ
by カエレバ

 

その他の読書に関するエントリーはこちらから。

www.www100-project.com