文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信&全世界株式(オールカントリー)3月の月報がでました。

皆さんこんにちは。文月です。

 

今年頭に設定された注目のETF、三菱国際投信のMAXIS米国株式(S&P500)と全世界株式(オールカントリー)の月報が出ました。

 

新型コロナに振り回された2月、どのような動きをしているのか気になりますね。

 

本日は、米国株式について月報を見ていきます。

 

先月のレポートはこちら。

www.www100-project.com

 

目次

 

 

MAXIS米国株式(S&P500)の基礎データ
 
ETFは米国のS&P500に連動した投資成果を目指すもので、為替ヘッジなし、S&P500インデックスマザーファンドを通じて投資を行うファミリーファンド方式のETFです。

 

組み入れ銘柄はAppleAmazonFacebookなどをはじめとした米国企業群。

 

マーケットメイクありです。

 

MAXIS米国株式(S&P500)の成果(令和2年2月)


f:id:fumiduki100:20200407173917j:image

純資産総額は現時点では12.6億円と先月末からプラスマイナスゼロですが、一度がっつり下がってからまた上昇しています。

 

これは、コロナショックで下がりきる前に売り、ある程度下がったと見て買い戻しが入ったのでしょうか。

 

 

 


f:id:fumiduki100:20200407173925j:image

乖離率は、3月はコロナショックにあわせてかなり上下に振れています。

3月末頃から徐々に振れ幅が小さくなっていっていますが、まだまだ油断はできません。

本日3月7日時点で4.8%乖離しています。

マーケットメイカーさんの手腕に期待です。

 

終わりに
 

いかがでしたでしょうか?

 

 3月も世界経済はコロナのために大きな影響を受けています。

ETFの対象指数であるS&P500も例外ではありません。

 

この状況はいつまで続くかわかりません。

重要なのは、資本主義社会の未来を信じて淡々と積み立てるという心構えのみ。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

私の資産運用の教科書。暴落相場の心構えも載ってます。