文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信&全世界株式(オールカントリー)3月の月報がでました。今日は全世界株式!

皆さんこんにちは。文月です。

 

今年頭に設定された注目のETF、三菱国際投信のMAXIS米国株式(S&P500)と全世界株式(オールカントリー)の3月の月報が出ました。

 

相変わらず新型コロナが猛威をふるう中、どのような動きをしているのか気になりますね。

 

本日は、全世界株式について月報を見ていきます。

MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

 

先月の報告はこちら。

www.www100-project.com

 

目次

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)の基礎データ


MAXIS全世界株式(オールカントリー)は日本を含む世界の先進国・新興国の株式市場のパフォーマンスを表す「MSCI All Country World Index」に連動する投資成果を目指すETFです。

 

組み入れ上位銘柄はAppleAmazonと、同じシリーズのMAXIS米国株式(S&P500)とあまり変わりませんが、10位にアリババが入っているのが面白い。

 

もちろんマーケットメイクあり。

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)の成果(令和2年3月)


f:id:fumiduki100:20200410113650j:image

 

純資産総額は6億円増加の約14億円。

先月は米国株式に比べふるいませんでしたが、今月は着実に増えています。

 

基準価格はコロナショックの下げに合わせて下がりつつ、月末から若干あげています。

 


f:id:fumiduki100:20200410114140j:image

 

乖離率は現時点で0.91%。

一時は上下にぶれていましたが、月末にかけて乖離が小さくなっていっています。

 

今後も乖離を小さくするようマーケットメイカーさんに期待です。

 

終わりに


いかがでしたでしょうか?

 

MAXIS全世界株式(オールカントリー)は同じシリーズの米国株式(S&P500)に比べ、先月と同じく伸びは今ひとつです。

 

しかしながら、こういう下げ局面こそ力を発揮するのが全世界株式。

焦らずみていくのみでしょう。

 

また来月もMAXIS米国株式(S&P500)、全世界株式(オールカントリー)をチェックしていきます。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

私のインデックス投資の教科書。オススメです。