文月の100年計画ブログ

食・料理による健康的な生活、読書による知識の積み上げ、インデックス投資を通じた資産運用等に関する雑記ブログです。

【読書】多読で自己投資を最大化!「レバレッジ・リーディング」

 

皆さんこんにちは。

文月です。

 

私はここ最近読書術に関する書籍を立て続けに読んでいます。

それは「読んだのに身についていない」という切実な思いがあり、「このままじゃ読書が時間の無駄だ」と感じたから。

 

どうにか身につく読書がしたいと思い、読書に関する本を読見続けています。

 

本日ご紹介するのは、本田直之さんの「レバレッジ・リーディング」です。

 

著者の実践するレバレッジ・リーディングは、目的を明確化した読書で、自分にとっての重要箇所以外は時間をかけず、多読で複数著者から一つの原理原則を掴み取り、メモにとってこれを何度も読み返してエッセンスを身につけるということ。

 

著者が米国に留学した際の経験からロジック化したメソッドです。

 

目次

 

 

レバレッジ・リーディング」の概要

 

レバレッジ・リーディングは、著者の本田直之さんが実践する読書術であり、本書ではこのレバレッジ・リーディングの実践法が学べます。

 

レバレッジ・リーディングは、一言で言ってしまえばビジネス書の多読です。

 

本を読むと言うことは、他人の経験や成功のコツなどを数時間で追体験する事ができます。

ビジネス書を多読することで、他人のビジネス経験を自分の知識とする事が可能に。

さらに、多読により知識に偏らせず、情報を日々更新していくことができます。

 

著者は、現代日本人は本を読む時間が減っており、本を読むことで大多数の日本人より上にいくことができると言います。

 

また、ビジネス書を多読して内容をキチンと身につけることができれば、それは将来の成功につながり、たった1500円程度の書籍代で何百倍、何千倍ものリターンが見込める「最も効率の良い投資」であるとも。

 

本書は著者のレバレッジ・リーディングの実践書です。

 

本書を読んでレバレッジ・リーディングを身につけて本気で実践すれば、ビジネスに限らずさまざまな場面で活用できる知識が身につくのではないでしょうか。

 

 

著者について

 

著者は、レバレッジコンサルティング代表取締役(バックスグループ取締役顧問、日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレートアドバイザーズアカウン
ティング取締役を兼務)の本田直之氏。

明治大学商学部産業経営学科卒業。アメリカ国際経営大学院サンダーバード経営学修士(MBA)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーの資格も持っています。

 

著者はもともとあまり本を読むタイプではなかったようですが、MBA取得時の米国で、英語で書かれた大量の論文を短時間で精査する必要性から、今のレバレッジ・リーディングの原型を身につけます。

 

読んだ本の内容が身につくレバレッジ・リーディングを、著者の努力の賜物です。

 

 

レバレッジ・リーディングは基本はシンプル

 

レバレッジ・リーディングの具体的方法としては、

 

  • 目的の明確化
  • 制限時間を設ける
  • 自分で重要だと思うところはゆっくり読み、それ以外は猛スピードで飛ばすよう緩急をつける
  • 本の内容を暗記するのではなく、ラインをひいた箇所をPCに入力し「レバレッジ・メモ」を作る

 

というところ。

 

まず、目的の明確化については、カラーバス効果を狙っています。

カラーバス効果とは、一度意識した事柄は目に着きやすくなる心理効果のこと。

例えば、自分が新しく車を購入したら、同車種ばかり目につくようになるような状況です。

 

「この本を読んで何を学びたいか」を最初に明確にすれば、カラーバス効果で関係ある部分が目に入りやすくなる。

 

制限時間を設けるについては、時間が無限にあると思うと、本を読んでも頭に入らなくなるし、本を読む動機も弱くなる。

制限時間を設定する事により集中力も増すし、制限時間は多読には必須です。

 

制限時間を設けることにも関係しますが、上記の「目的の明確化」で設定した目的と合致する箇所はゆっくりじっくり読み、そうでないところは流して読んでいくよう緩急をつけることにより効率の良い読書ができます。

 

また、重要箇所にはページを折ったりラインを引いたりしておき、読み終わったらPCでまとめ(レバレッジ・メモ)、プリントアウトしたものを持ち歩いて読み返すことにより、自分に必要な部分のみを重ねて眼にすることでインプットを確実にします。

 

以上のように基本的にはシンプルなレバレッジ・リーディングですが、確実に実践することにより読書を読みっぱなしにせず自分の身とする事ができます。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

本書を読み、私もレバレッジ・リーディングを実践していこうと思います。

 

特に、目的の明確化によるカラーバス効果や制限時間などは、一つ前に読んだ「読んだら忘れない読書術/樺沢紫苑著」でも触れられていた内容で、効果があるのがわかります。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。